The World of Gonoi HANSHIN WEB KENITA DRAMA CLUB

link 阪神支部のページ link

アクセスカウンター
koujityuu  このページは兵庫県高等学校演劇研究会阪神支部の渉外担当、ごのいが個人的に開設するページです。阪神 支部各行事の連絡や記録を目的にしています。 また、掲示板も設けていますので、質問や意見の交換などにも御利用ください。

link 阪神新着情報

link18.09.29(土) 第2回打合せ会 link
 尼崎北高校で行われた阪神大会の抽選会。参加校は21校。無理矢理詰めツメの3日間開催です。上演順確定しました。秋はここから。

link18.08.17(金) 裏方技能検定
 終了しました。秋の阪神大会が開催されるピッコロシアター大ホールを見られる、立てる、触れられる企画。しかも自分たちのチームの自力を確かめられる企画。検定結果一覧はこちら

link18.06.21(木) 検定要項up
 今年の8/17(金)に行われる平成演劇教育委員会v0l.27は演技裏方技能検定です。募集要項(PDF)申込用紙(Word)をupしました。検定参加希望締め切りは7/13。ご希望の方は一読して申し込みを。

link18.05.26(土) 第一回打合会
 尼崎北高校にて阪神支部第一回打合会が開催されました。今年の阪神支部は加盟24校、大会参加21校。伊丹北、市尼崎復活。琴ノ浦新規加盟など。4日間開催が見えて来たかと思ったら、劇団公演とのバッティングが判明し3日開催に。収まるのか?

link18.05.17(木) 顧問総会
 県立尼崎107教室にて顧問総会。復活伊丹北、新参琴ノ浦高校を加え加盟24校体制でスタートします。同時に部員不足に悩む高校も。2018年度年間行事予定upしました。

link18.03.29(木)〜31(土) 春期発表会
 今年は18校上演の3日間開催。無事終了しました。今年度よりギャラリー、脚立へ登るときにはヘルメット着用が義務付けられました。物々しい。

link17.12.16(土) 合評会 in 県立伊丹
 上演校が集まって感想や裏話、苦労話を交換する合評会。講習は生徒創作台本の構造解析お土産付き。映像を使ったのも新鮮。春期大会上演順掲載しました。

link17.11.24(金)〜26(日)近畿大会
 池田アゼリアホールで行われる近畿大会の様子を掲載。今年は近畿総文3日間開催。三重、福井、徳島、鳥取を含めた14校が上演します。阪神からは今津が参戦。大会結果UPしました。

link17.11.17(金)〜19(日) 県大会
 明石西部市民会館での県大会。老舗が並ぶ中、阪神からの新しい風はどこまで通用するのか。審査結果、UPしました。

link17.11.10(金)〜12(日) 阪神大会
 ピッコロシアターでの熱い戦い。絶賛今津の安定感はさすがだが、それだけだ無い新しい動きも。若い系顧問の先生の台頭もとても楽しみ。審査結果を掲載しました。

link17.10.11(木) 県常任委員会
 本年度県大会の大枠だけ掲載しました。出場校確定次第更新します。

linkごのいワールド掲示板 link
link阪神間の生徒による意見交換スペース。もちろん、他の地域の方が入ってくださっても結構。御自由に。アクセスキーは「hanshin」です。

  link 主だったページへ

link年間行事予定
 コンクール、講習会、その他発表会や打合せ会まで阪神支部の活動に関する情報をお知らせします。左の阪神新着情報はほぼ、一年の動きを網羅するインデックスになっていますのでご覧ください。
 2018年度年間活動予定から、過去の様子へ飛ぶこともできます。

link資料室へようこそ
 阪神支部在住の創作脚本家による名作集。ピッコロ資料室の紹介。県外優秀作品へのリンクなど。新たに合評会で配付した資料を何点か紹介。作品という世界を立ち上げるには? 台本を自分で作るには? 仲間の作品を潤色するには? などHow To本がちょこっと。

link裏方技能検定協会
 何年かに一度、ピッコロシアターにあらわれる謎の集団。スタッフワークに関する相談事、キューシートの書き方講座なんてのもこちらへどうぞ。春期大会関連資料へもダイレクトにジャンプ!

link演技・演出技能検定協会
 何かと掟やルールの多い裏方部門に対して言わば何でもありの演技・演出部門に果たして検定は成立するのか。未知の課題に向け果敢に挑む。2017年8月第5回目を向かえます。詳細変更有りです。

 link 演劇関係リンク集へ
link他のページ一覧はこちらから。

 

  link

link思い出のお写真

link

 金もない、時間もない、人の集まりもままならない…。あの名文句はもう聞けません。阪神支部の、兵庫県高校演劇の重鎮、吉山先生がお亡くなりになられました。阪神支部の高校生には講評でおなじみのはず。いくつになっても「頑張ってください。」とこの席から劇に激を飛ばされていました。尼北時代も、伊丹西でも、合言葉は「吉山爺を寝かすな。」でした。いい芝居だとちゃんと起きて観てくれましたから。
 実は僕たち顧問の間でも吉山先生の正確なお年は諸説あって分からないんです。それでも戦争に行って艦に魚雷を受け、サメのいる海を漂流して生還されたとか、阪神支部が来年度創立五十周年であることを考えると、80前後のはず。ついさきがたの春秋座公演にもいらっしゃってましたから、まさに生涯現役宣言に偽りはなかったということ。来るべきときが来たなぁという気持ちと、寂しさを感じています。
 ようやく後身に道を譲ることになった吉山先生へ。先生の善意と情熱は僕たちが受け継ぎますからね。

 


link このページに関する御意見、御感想はこちら まで。

mgonoi@hotmail.com

linkごのいワールドへ