The World of Gonoi

HANSHIN WEB

KENITA DRAMA CLUB

前年へ 2018年阪神大会 tomato

阪神地区の演劇部が一堂に集う阪神大会。またこのシーズンがやってきました今年は参加21校で3日間開催。
近畿創文徳島大会には阪神支部から優秀賞受賞校が推薦されます。1日7校は日程的に大ハード。どうなる?阪神

前年へ 2017年度へ  18年間予定へ  2019年度へ 翌年へ 


スタッフ打ち合わせ会日程

場  所 ピッコロシアター、練習室

◆10月24日(水)◆ ◆10月25日(木)◆
 
 10:00 西宮今津・県小田
 10:50 西宮南・市尼崎
 
  昼休み
 
 13:00 雲雀丘・園田
 13:50 尼崎西・西宮甲山
 14:40 伊丹北・県伊丹
 15:30 宝塚北
 
 16:00 運営打合せ
 
 
 10:00 武庫女・川西明峰
 10:50 県西宮・伊丹西
 
  昼休み
 
 13:00 西宮東・武庫総
 13:50 市伊丹・尼崎北
 14:40 女学院・県尼崎
 
 15:30 運営打合せ
 

  

◆ 持参するもの ◆

Link ・審査用台本6冊(上演No、学校名を表紙に明記。既成は3冊で可)
・照明用、効果用、装置用台本各1冊(同上+キッカケ書き込み)
・照明平面図+キューシート 1組
・装置平面図+立体図  1組
・パンフレット用チラシ  700部 (B5版)
・上演許可書  (既成台本上演の場合のみ)
 ※ 各台本、パンフレットに学校名、作品名、上演番号を明記
 ※ 特殊機材申込も行います。使用機材を考えてきてください
 

 

前年へ 2018年度阪神大会 tomato

1.日  時 2018年 11月9日(金) 9:55より
     11月11日(日) 19:30まで
2.場  所 ピッコロシアター 大ホール
 尼崎市南塚口町3ー17ー8
 TEL 06-6426-1940
3.大会日程  確定しました。

【 大 会 日 程 】

11/9(金) 11/10(土) 11/11(日)
9:30 開場
 
10:00 A-1 女学院
 ◎『アンナ』
 作:西垣陽菜

11:00 A-2 尼小田
 ◎『それはきっと』
 作:山下りおとゆかいな仲間たち

12:00 A-3 西宮南
 ◎『朋』
 作・潤色:与儀温久


    昼休み


13:45 A-4 市尼崎
 ◎『My Dear Sister』
 作:生田十萌

14:45 A-5 雲雀丘
 ◎『碧色の芽』
 作:杉山 萌 潤色:6人のひばちゃんたち

15:45 A-6 園 田
 ◎『還らぬ者』
 作:演劇部

16:45 A-7 尼崎西
 ◎『メリィのメール』
 作:和田彩花 潤色:演劇部


17:45 搬出、搬入
18:00 講評(1Fホワイエ)
18:20~20:50 翌日分位置決め
 
9:30 開場
 
10:00 B-1 西宮甲山
 ◎『それは平成であります』
 作:カメムシレディーズ 潤色:鴨嵩

11:00 B-2 伊丹北
 ◎『Cage(鳥かご)』
 作:兼田一花

12:00 B-3 県伊丹
 □『らいふ・らいん』
 作:稲垣成美 潤色:五ノ井幹也


    昼休み


13:45 B-4 宝塚北
 ○『ガリを切る!』
 作:大道 正

14:45 B-5 武庫女
 ◎『春色メロディー』
 作:西野美羽

15:45 B-6 川西明峰
 ◎『黒春~Black Biue Spring~』
 作・潤色:演劇部

16:45 B-7 県尼崎
 ◎『今日もハレバレ』
 作:福原侑佳


17:45 搬出、搬入
18:00 講評(1Fホワイエ)
18:20~20:50 翌日分位置決め
 
9:30 開場
 
10:00 C-1 西宮今津
 『明日、また』
 作:神野萌花 潤色:演劇部

11:00 C-2 県西宮
 ◎『溢れるソーンに夢一つ』
 作:駒井 陽

12:00 C-3 伊丹西
 ◎『Chalkey』
 作:奥藤歩花 潤色:谷本侑矢


    昼休み


13:45 C-4 西宮東
 ◎『緋岸花』
 作:松本真奈

14:45 C-5 武庫総
 ○『失われた牛を求めて』
 作:祢宜 悟

15:45 C-6 市伊丹
 ◎『少年』
 作:春日志織・後藤萌花

16:45 C-7 尼崎北
 ◎『らく』
 作:菅田紅実


18:00 生徒交流会
18:45 講評・表彰・閉会式

 ◎ 生徒創作
 ○ 顧問創作
 □ 卒業生他創作
 ◇ 生徒顧問合作
 

  

【 大 会 の 様 子 】

Link 18.11.9(金)~11(日) 阪神大会
 今年の参加校は21。春の段階である程度読めていたので、今年こそ木曜日からの4日間開催なんて言ってたものの、蓋を開けると劇団の公演をかぶってしまい大ホールが3日しか使用できない。すわ、非常事態。あらゆる方面に手を打ち協力を要請し、無理を承知で突入した2018阪神大会。思わぬところに波紋を残す結果となった。県大会3校、そして徳島総文1校を決める3日間となった。
Link
【苦悶の審査員】
 1日7本。これが毎日。しかも上演するからには位置決め25分×21、その上審査講評が全ての学校にセットで付いてくる。自分たちの舞台をどのように立ち上げるか、演じきれるか、どう伝わったかは全て重要。生徒たちの前で疲れたかを見せず熱い講評をしていただいた上田さん辰寿さんに感謝。同時にピッコロスタッフもてんてこ舞い。なにせ直前に劇団の催し物があるということは、事前準備もかつかつなはず。
Link 【一昨年は部員一人】
 どうしても彼に注目してしまう。武庫総の彼。「舞台が大好きで演劇だけではなく落語やミュージカルにまで手を出す1年生が居るんです」って聞いたのは2年前。当時は部員一人で例えようのない変な奴(失礼)だった。でも彼の直向きさは後輩や顧問の先生まで巻き込んで3年目の秋には大家族にまで成長した。周りの演技レベルの向上に、チームとして自走する武庫総の力強さを感じた。テンション上がって楽屋まで破壊する最終兵器たち。
Link 【散髪屋の憂鬱】
 散髪屋で明確なイメージがあったら注文する。ここ、長めに残して欲しいとか。注文を伝えようとした時、「細かいこと素人が言わんでもイメージだけ伝えたらかっこよくしたるから。」って言われたらどう? 不安だけど任せるしかない。どや?って言われてとんでもなかったときの絶望感は計り知れない。もうちょっと長めに…って注文にもはや散髪屋はなすすべもない。高校時代に二度しか立てない大舞台。散髪屋の理屈で潰させるわけにはいかない。
Link
【 大 会 結 果 】
【優秀賞】近畿総文(徳島)推薦 1校
 市立伊丹 ◎『少年』 作:春日志織・後藤萌花

【優秀賞】県大会出場校推薦 3校
 尼小田  ◎『それはきっと』 作:山下りおとゆかいな仲間たち
 西宮今津 ◎『明日、また』 作:神野萌花 潤色:演劇部
 武庫総  ○『失われた牛を求めて』 作:祢宜 悟

【優良賞】4校
 雲雀丘 ◎『碧色の芽』 作:杉山 萌 潤色:6人のひばちゃんたち
 県伊丹 □『らいふ・らいん』 作:稲垣成美 潤色:五ノ井幹也
 宝塚北 ○『ガリを切る!』 作:大道 正
 県尼崎 ◎『今日もはればれ』 作:福原侑佳

【創作脚本賞】
 県立尼崎 ◎『今日もはればれ』 作:福原侑佳
 西宮今津 ◎『明日、また』 作:神野萌花 潤色:演劇部
 市立伊丹 ◎『少年』 作:春日志織・後藤萌花

 ※大会の様子を鑑定士、西宮香風小原先生の視点で語ったレポートはこちら
 

前年へ 2017年度阪神大会へ  18年間予定へ  2019年度阪神大会へ 翌年へ

 

前年へ 2018年度兵庫県大会 tomato 

1.日  時 2018年 11月16日(金)より18日(日)まで
2.場  所

 神戸市立北神区民センターありまホール
 〒651-1302 神戸市北区藤原台中町1-3-1
 TEL 078-987-3400

3.大会日程  ※ 確定しました。

【 大 会 日 程 】

11/16(金) 11/17(土) 11/18(日)
9:30 開場
9:50 開会式
 
10:00 上演1 神戸A 神戸龍谷
 ○『楽園のRoar~わが山月記』
        作:高橋利光
 
11:20 上演2 西播A 県姫路北
 □『Sea she』
        作:西村祐貴
 
    昼休み
 
 
13:00 上演3 阪神A 県武庫総
 ○『失われた牛を求めて』
        作:祢宜 悟
 
14:20 上演4 東播A 県東播工
 ○『ここに線路があった』
        作:籔 博晶
 
15:40 上演5 神戸B 県長田
 ◎『夢ぐらい語らせてください』
  作:浅井日向子・井関優花・
        大道望央・本村綾夏
 
16:50 搬入
17:00 講評(ホワイエ)
17:20 位置決め



9:30 開場
 
 
10:00 上演6 神戸C 滝川第二
 ◇『沈着』
 作:いぐりんとその仲間たち
 
11:20 上演7 東播B 県明石
 ◎『努努夢見るな』
        作:西崎達磨
 
    昼休み
 
 
13:00 上演8 神戸D 神戸常盤
 ◇『ハレノヒ』
     作:(有)山ヤ百貨店
 
14:20 上演9 西播B 県姫路工
 ◇『これがワタシら』
    作:演劇部&みつひろ
 
15:40 上演10 阪神B 県西宮今津
 ◎『明日、また』
  作:神野萌花 潤色:演劇部
 
 
16:50 搬入
17:00 講評(ホワイエ)
17:20 位置決め
 


9:30 開場
 
 
10:00 上演11 丹有 県篠山鳳鳴
 ◎『生きた証』
       作:吉田里菜
 
11:20 上演12 淡路 県津名
 ○『坂の上の青空』
       作:松下利明
 
    昼休み
 
 
13:00 上演13 阪神C 県尼小田
 ◎『それはきっと』
  作:山下りおとゆかいな仲間たち
 
14:20 上演14 神戸E 県御影
 ○『インザハウス』
       作:福田成樹
 
15:30 審査会・常任会議
16:10 講評
17:20 表彰・閉会式
 
 
◎ 生徒創作
○ 顧問創作
□ 卒業生他創作
◇ 生徒顧問合作
 
 

 【大会の様子】

Link 18.11.16(金)~18(日) 県大会
 刺激的なニュースが伝わってきた。東播磨で全国最優秀に輝いた籔先生が、転校初年度にして県大会に駒を進めたというニュース。この春には演劇部すらなかった東播工業演劇同好会での出場ということで、度肝を抜かれた人も多かったはず。果たしてどんな作品なのか、そして新たに演劇を志した部員たちは? 詳しい情報が伝わってこない東播支部だけに苛立ちを覚えた人も多かったはず。しかも上演は金曜日。観られないじゃん!
Link
【ありまホール?】
 神戸市北区といえば神戸電鉄の守備範囲。交通費は軽く4桁。バトンは飛びきらずフロントサイドはイントレで架設という劇場? それでも大会は熱く進行した。狭い下手袖に多くの自前平台を持ち込む姫路工業。とても高校演劇とは思えないクオリティーの衣装を大量に持ち込んだ神戸常盤。遠慮がちに大量の段ボールを直前にくみ上げた今津。条件はけして良くないホールではあったが、県大会は成立していたと感じた。神戸支部の皆さんに感謝。
Link 【キレッキレ】
 面白かったなぁ~、県立明石。暗い舞台に白い衣装の役者たち。猫が喋り画家が苦悩する。リアルが主流の高校演劇の大会で、時折観られる挑戦的な作品。活き活きと演じる姿に好感を持った。他にも神戸常盤の女優さんたちに感心。力が抜けていてしなやかなのに圧倒的な情報量。会話に一瞬たりともボールが落ちる隙がない。棒立ちでパス回しの上手くいかない滝川第二との差を感じた。じゃ、滝川第二のいいところは? 消えゆく村をタイムカプセルにみせる台本力か…。
Link 【終わってみればだけど】
 大会結果はある意味意外? でもこれが必然のようにも思える不思議。がっつり自分たちの世界を描く御影の作品は客席を置いてきぼりにした。大家族になった武庫総が優秀に選ばれたことでもよく分かる。観客や審査員は応援したい舞台を暖かく受けいれるのだ。舞台に立つ以上、観客を味方に付ける意識は忘れちゃいけないのかもしれない。姫路工業?僕は応援してますよ、だってかわいいもの。播磨工業?今度こそ観に行かなきゃ。
Link
【 大 会 結 果 】
【最優秀賞】 2校→近畿大会推薦
 県東播工 ○『ここに線路があった』 作:籔 博晶
 滝川第二 ◇『沈着』 作:いぐりんとその仲間たち
 
【優秀賞】 2校
 県武庫総 ○『失われた牛を求めて』 作:祢宜 悟
 県明石  ◎『努努夢見るな』 作:西崎達磨
 
【優良賞】
 神戸龍谷 ○『楽園のRoar~わが山月記』 作:高橋利光
 県姫路北 □『Sea she』 作:西村祐貴
 県長田  ◎『夢ぐらい語らせてください』
       作:浅井日向子・井関優花・大道望央・本村綾夏
 神戸常盤 ◇『ハレノヒ』 作:(有)山ヤ百貨店
 県姫路工 ◇『これがワタシら』 作:演劇部&みつひろ
 県西宮今津 ◎『明日、また』 作:神野萌花 潤色:演劇部
 県篠山鳳鳴 ◎『生きた証』 作:吉田里菜
 県津名  ○『坂の上の青空』 作:松下利明
 県尼小田 ◎『それはきっと』 作:山下りおとゆかいな仲間たち
 県御影  ○『インザハウス』   作:福田成樹
 
【創作脚本吉山賞】
 県西宮今津 ◎『明日、また』 作:神野萌花 潤色:演劇部
 県明石城西 ◎『手のひらの温もりが忘れられない』 作:川下千尋
 県姫路飾西 ◎『窓に映る花』 作:和田友陽&演劇部
 

前年へ 2018年度県大会へ  18年間予定へ  2019年度県大会へ 翌年へ

 

前年へ 2018年度近畿大会 tomato

1.日  時 2018年 12月27日(木)より28日(金)まで
2.場  所  門真市民会館ルミエールホール(大阪)
 大阪府門真市末広町29−1
 
京阪電鉄「古川橋」駅から徒歩、約5分
 Tel 06-6908-5300 
3.大会日程  ※12/13頃確定します。

【 大 会 日 程 】

 12/27(木)  11/28(金)
 
 

 ◎生徒創作
 〇顧問創作
 ◇生徒顧問共同創作
 

【大会の様子】

  18.12.27(木)~28(金) 近畿大会
 
 
【 】
 
  【 】
 
 
【 大 会 結 果 】 
【最優秀賞】第43回全国総文演劇部門発表会(佐賀)推薦
 


【優秀賞】第13回春季全国高等学校演劇研究大会(愛知)推薦
 

【優秀賞】
 



【創作脚本賞】
 


【春秋座推薦】  春秋座 2018近畿大会優秀校公演
 

 

   前年へ 2017年度近畿大会へ  18年間予定へ  2019年度近畿大会へ 翌年へ

 

18.12.15(土) 合評会 in
 
  【 】
 

予定へ2018年度予定一覧へ


mail このページに関する御意見、御感想はこちらまで。

mgonoi@hotmail.com
ごのいワールドへ 阪神支部へ阪神支部のページへ   ページの先頭へページの先頭へ