The World of Gonoi KENITA DRAMA CLUB HANSHIN WEB

link 2017部活動の記録 link

 県立伊丹高校演劇部との活動の記録です。2013年度から順を追ってここに記録を残していきます。転勤5年目、ポジションや副顧問体制に変化なし。スーパーグローバルハイスクール(SGH)の影響は多少なりとも。総合の時間を使ったアイホール講師陣によるヤングフェスティバル指導は行われなくなった。秋にはイタリアへ研修に行く可能性あるメンバーもいるわけで、部活動が生活に占める割合は変化している。
 
link2016年度へ         2018年度へlink

link 2017年度の記録
 7人いた71回生が年度初めに5人に。照明スタッフ専任だったサワーがやりがいを見つけられずに、演出助手だったしのみーはプライベートの活動と部活の両立に見切りをつけて退部。残されたメンバーには何とも寂しい出来事。そこへ参入してきた1年生は女子ばかり5人。これで三学年オール5人の15人体制が確立。そんでもってしゃっきーが引退すればオール女子。僕の男くださいコールはまだまだ続くのであった。
 
Link 17.04.20(木) 新入生歓迎公演
 
『仄かにうるむ』
     ちゃっぷ作 ごのい潤色
 昨年に引き続き春期・アイフェス作品を上演することに決めた。ただしガッツリ一本馴染のない新入生に見せるには向かない作品。そこで遊んでみた。3つの場面で出来上がる短編集を、当日来たお客さんにサイコロを振って一つ選んでもらうという企画。これにより部員全員が緊張して上演に臨めるというワクワク感も楽しめる。もちろん練習は全ての場面。誰のアイディア?
Link
【上演日にトラックと正面衝突】
 職員室で身の毛もよだつ話が聞こえてきた。登校途中にトラックと正面からぶつかった子がいるって。「ケガは?で、誰ですか?」生徒指導部的には聞き取るわけだが、3年生のしーな。あんときの驚きは西高で阪神バスにペンキごと轢かれたスミス級。スミスは入院、しーなはぴんぴんして遅刻で登校したわけだが、ホントやめて欲しい奴です。
 上演はサイコロの結果3つ目、2016年のシーンに決まりコスモとやまなの二人舞台。セット組み立て解説付き。関係者が見れば見るほど面白い密度の高さ。
Link 【新入部員情報】
 事前情報が飛び交う。顧問としても積極的に各クラス授業の立ち上げアンケート項目に「演劇部に入る気はないか?」なんて設ける。見に来てくれる1年生にはお菓子のサービス付き。ただし1年生の動きが見えにくい。オリテン合宿に結団式。ひょっとして入部してくれるのは稽古場に長居してくれた鶴ぽんだけ?みたいな不安感が漂う。かくして締め切り日。レンジの後輩まつな、しーちゃん妹のぷうか、ぷうかの相棒てん、そして見学で目立ってたけど演劇部には入りませんって明言した子の友達ちゅらの5人が入部。
Link 17.06.17(土) 文化祭公演
 『光の行方』
      ちゃっぷ作 ごのい潤色
 これで4本目のちゃっぷ作品。対抗馬はコスモ。奴はきっと次世代作者になるって気配を出しつつも決着。ただし仕上がりは…浅い。クラス劇にもう一本別作品を書かねばならぬちゃっぷ先生。無茶な話である。モチーフの一つである茶道の研究をしてたどり着いたキーワードが「一期一会」。ちゃっぷが描きたかった別れと散りゆく寂しさ、怖さを作品にするトライが始まった。
Link
【オーディション】
 4/30(日)にオーディション。キャスト希望を各自から3つ挙げさせてそこから選ぶという基本方針。ただ今回1年まつなが体調不良でオヤスミ。しかも聞くところでは大事を取って。オーディションに居ない役者に役はない。でもこれからの一月半、折角のチャンスを0にするには勿体ない。今年のダブルキャストはそんな意図から。鶴ぽんとまつなの1年生対決。どうなるかの不安が彼女らのモチベーションになると信じて。もちろん最終的に全員を舞台に上げることも考えつつ…。
Link 【役者も立派な専門職】
 1人だけ年の離れた登場人物染井さん。茶道家のお孫さんにして角膜移植体験をお持ち。物語のキーになる役者にとってやりがいある役。演出で長年勤めたちゃっぷに振ってみた。自分を演出し始めるんじゃないか…。ま、結論から言えば大誤算(笑)。セリフ覚えない二つのことを同時にできない立ち姿に品位が無い。当日舞台ではベストパフォーマンスを発揮したのだが、ちゃっぷのダメが多すぎて、周りの役者にダメが回ってこない。役者も立派な専門職なんだなって再認識。
Link 【フレッシュとフィニッシュ】
 全く未経験ながら照明オペを一人で任されたちゅら。教えた紙フェーダー実際に作ってやり遂げた。まだ自分が何者か分からぬテンはピンスポット。カンは悪くない。嫌われ役を面白がって演じるぷうかも、稽古演出ほとんど無しで舞台に上げさせられたまつなも絵になる子。鶴ぽんも上演日にはギリギリ追いついた。2年前ここから全てが始まった70回生はカーテンコールでもう一花。自分たちの幕を引く。やはり泣けるのである。そして主軸は2年。横で保護者顔して見守るコスモの怪しさが印象的だった。
Link
link

link2016年度へ         2018年度へlink
 


link このページに関する御意見、御感想はこちらまで。

mgonoi@hotmail.com
linkごのいワールド link県高演劇部へ   linkページの先頭へ