The World of Gonoi KENITA DRAMA CLUB HANSHIN WEB

sousaku 創作脚本の部屋 kyakuhon

 演劇部の歴史とともに少しずつ進化し、数を増やしていく脚本達。せっかくだから記録に残すことにしました。著作権の都合により、脚本の前半部分をホームページで読みやすいように書式を整えて掲載しています。もし、印刷して一本まるままじっくり読んでみたいと思った方は、このページの下にある注文フォームを利用して申し込んでください。数日中に添付メールでお届けできるはずです(無料)。ただし、上演を希望される場合は御一報ください。上演許可手続きをさせていただきます_(基本無料)。
 
 
ただいまNiftyの設定変更にともない、注文メールが送れなくなっています。脚本ご希望の方は、このページ一番下のメールボタンをつかって手書きでごのいまでお送りください。

Contents  題名、作者名、発表年、あらすじ、解説、登場人物人数など。基本的に古い順番に並んでいます。作品のクオリティー、難易度、必要キャスト数などホント様々ありますので、気楽に注文して全編読んでから判断してくださいね。
その山の頂上には、
 2013年6月
  作:うがっち 潤色:ごのい
 引退をむかえた演劇部員の芳子と優子。様々な思いもあったはずなのに、上演はぐだぐだなことに。引退式で二人の思いがぶつかり合い、登れなかった山を再び目指すことになる。(女5・男3)
素晴らしい世界。
 2013年11月
 作:うがっち 潤色:ごのい
 舞台は人類が滅んで数百年が経った地球?それとも?集まってくるのは天文部のメンバー。人が抱く不安や不満は、広い宇宙で星たちが感じる孤独と似ている。歯車が一つずれることで悲劇は生まれる。(男2・女4・他6)
じんぐるべー
 2013年12月
 作:ななみん
 冬の合同公演用台本。練習7日、上演45分の超ハードスケジュール。生徒会が舞台。夢を運ぶサンタが夢を無くしてしまったら、世の中一体どうなるの?というちょっと可愛い物語。トナカイ出てきます。(男2・女4・他3)
ジュブナイル、或いは…
 2014年3月
 作:うがっち 潤色:ごのい
 梶井基次郎の檸檬をモチーフに書かれた作品。書く動機について作者は頭の隅にこびりついた劣等感と答えた。劇に向かない私小説?を出発点としながら、透明感を保持した舞台的潤色を加えた作品。(男3・女6)
ちゅーそんくん。
 2014年4月
 作:うがっち
 新入生歓迎公演のための20分の小品t…、にしておくには勿体ない秀作かも知れない。死にたいが口癖の根暗な男子生徒が、とんでもない目に会いつつも、いかに明日という日を迎えるかを描く。(男2・女4)
息をするのに空気はいらない
 2014年6月
 作:ななみん 潤色:ごのい
 息をするのに空気は必要。そのくせ必要とされてない人のことを空気みたいって言ったりして…。大切じゃない気持ちも大切に仕舞っているとゆっくり分解されて、それが自分になっていくってお話。(男1・女5・他6)
春のむこうがわ
 2014年11月
 作:キャンディー 潤色:ごのい
 慣れ親しんだ武庫川河川敷のサッカーコートが大雨で流されたのが出発点。それが川向こうからヌーの大群が渡ってきたり、お姉さんがアフリカで行方不明になったりの大冒険に膨らんで…。(男2・女14 ぐらい?)
空に溶けて
 2015年3月
 作:まるちゃん 潤色:ごのい
 あの子苦手…。嫌いじゃなく苦手。このニュアンスにびびっと来る女の子が描きたくて描いてみた物語。超えてはいけない壁が、意外なほどシームレスだった新鮮さも味わえる。眩しいのはあの子なのか空なのか。(女子10人)
朝(あした)
 2015年4月
 作:ななみん
 上演時間20分ほどの短編。中学の頃感じた分かりませんが心に引っかかっていたのか思い出したのか。当たり前のように毎朝部屋を飛び出すことに、ふと疑問と引っかかりを感じた少女の物語。(女子7人)
いつものところで。
 2015年6月
 作:おじょー。 潤色:ごのい
 図書室、窓際奥から二番目の席にいつも座っている男の子。無言のやり取りがキッカケとなり二人の距離が縮まってくる。勇気を持てずにいたらそれだけの話、背中を押す人々がいればまた、別な話。(女13人)
アネモネ
 2015年11月
 作:しーちゃん 潤色:ごのい
 熱帯夜。シャワーで汚れを落とす。薄汚れたアタシは産まれたときから汚れていたのか、それとも…。大好きだったあの子は今は遠い。この汚れをを脱ぎ捨てたとき、私は最強なアタシに生まれ変わる。(女9人)
ラティメリアは太陽をのぞむ
 2016年3月
 作:ちゃっぷ 潤色:ごのい
 月曜雨の朝。憂鬱。こんな日に限ってバスは来ない。通勤途中のお姉さんは、ここで幾千回の憂鬱な朝を迎えてたことを思い出す。親友だと信じていた山田が、自分と合唱を捨てた。超えられなかった壁がそこにあった。(女8人)
春のしゃぼん
 2016年6月
 作:なるは 潤色:ごのい
 帰宅部ゆっこは翠の昔からの友達。ふわふわしてるかと思えば突然思いついたようにキラキラするし頑固だし。文芸部で締め切りに追われる自分の苦労を知らずに文化祭で有志でようなんて言い出した。出し物は何? (女6人)
   

先頭へ

 オリジナル脚本注文フォーム(休止中) 

 上記の13本の中から御希望の脚本をあなたのメールアドレス宛に添付メールにてお送りします。費用はいりませんのでご安心ください。ただし、超手動で無責任にやっているため、到着まで数日かかる場合もあります。なお著作権は作者にあります。御配慮いただければ結構です。

あなたのお名前  

所属(学校名等)  

送付先e−mail   

メッセージ
            

★ご注文作品はどれ?
   その山の頂上には
   素晴らしい世界。
   じんぐるべー
   ジュブナイル、或いは『檸檬』への想記
   ちゅーそんくん。
   息をするのに空気はいらない
   春のむこうがわ
   空に溶けて
   朝
   いつものところで。
   アネモネ
   ラティメリアは太陽をのぞむ
   春のしゃぼん

★添付ファイルのタイプを選んでください
   テキストのみ(ワープロ機の人へ。携帯、スマホにも便利)
   ワード形式(PC用。直して使いたい人へ)
   アクロバット形式(読みやすい方がいい人、Macやスマホの人へ)

★使用目的をお聞かせください(複数可)
  読むだけ   上演目的   その他

あの頃の尼北演劇部へ尼北時代の作品ならこちら  先頭へ  伊丹西時代の作品ならこちら伊丹西へ


link 台本の注文はこちらまで。

mgonoi@hotmail.com
link Home 伊丹西演劇部へ県高演劇部の部屋へ   ページの先頭へページの先頭へ