The World of Gonoi ITAMINISI DRAMA CLUB HANSHIN WEB

bana 創作脚本の部屋 bana

 演劇部の歴史とともに少しずつ進化し、数を増やしていく脚本達。せっかくだから記録に残すことにしました。著作権の都合により、脚本の前半部分をホームページで読みやすいように書式を整えて掲載しています。もし、印刷して一本まるままじっくり読んでみたいと思った方は、このページの下にある注文フォームを利用して申し込んでください。数日中に添付メールでお届けできるはずです(無料)。ただし、上演を希望される場合は御一報ください。上演許可手続きをさせていただきます_(一部無料)。
 
 ただいまNiftyの設定変更にともない、注文メールが送れなくなっています。脚本ご希望の方は、このページ一番下のメールボタンをつかって手書きでごのいまでお送りください。

Contents 題名、作者名、発表年、あらすじ、解説、登場人物人数など。基本的に古い順番に並んでいます。
今日もデパートの片隅で
 2001年6月
 作:将 軍
 文化祭での生徒創作。登場人物2名、上演時間20分とはいえ、伊丹の演劇的な質感が描けている作品。日常の風景からドラマをつむぎ出す作業は、ワークショップでの体験が生かされているのかもしれない。あとこれにドラマの要素が上乗せされれば。(男2)
なんや、屋上(ソラ)!
 2001年11月
 作:演劇部 潤色:ごのい
 伊丹西へ転勤した年の作品。物理部という場所を借りた高校生、純情派男子の心中を描いた作品。実は「ゴドーを待ちながら」がモチーフのひとつだったりする(オイオイ、ほんまかい)。どこかへ羽ばたく勇気や発想はまだ持ち得ていないけれど、懸命に生きてるって姿が書きたかったんだろうな〜。(男2、女3)
Q.E.D.?!
 2002年3月
 作:将 軍 潤色:ごのい
 アイフェス参加作品。ずいぶん苦労して将軍が書いたかと思えば、ずいぶん苦労してごのいが潤色する羽目に。劇中劇中劇中劇の5重構造に男の汗と涙と飛び散る寄せ鍋汁をミックスした実験的作品が生まれた。これまた稽古も難しかったなぁ。ドラマの構造がいかに作品作りを楽にするかも痛感。(男3)
ねえ、寺ちゃん
 2002年11月
  作:山本かな?
   潤色:ごのい
 
 部員も増えた2年目。スタートは部内で起こるいざこざだったのかも知れないこの作品は、女の子の視点から書かれたとも言い切れない微妙な空気を持つ。おとなしい女子が突然部長になるとどんな困難が待ち受けているのだろう。解決出来なくて言葉にもならない思いは伝わるのか。(男6、女5)  
ぴかぱらパラダイス
 2003年11月
 作:ごのい
 
 役者の遅刻や欠席のなくなった3年目。ただし役者の力は今一歩。そこで思い切ってリアルな劇を一時お休み。嘘やお約束もありの喜劇に仕立てました。雷嫌いの女の子が、夕立の間に雨宿の屋根の下で出会った人たちとのやりとりを通して2cmほど大きくなる物語。(男4、女3) 
どこまでも?
 2004年3月
 作:ちゃっぴー 潤色:ごのい

 
 ちゃっぴーデビュー作。ホームドラマです。弱っちいお父さんとたくましい姉。そして恐いと優しいが複雑にミックスするお母さんに悪魔のような末娘。ご近所鈴木さんも交えて夏休み最後の日曜日は誘拐騒ぎに発展する。登場する男どもはどこか抜けてて憎めない〜。(男4、女4)。
もっともっと空の上
 2004年11月
 作:ちゃっぴー 潤色:ごのい
 
 ヒヨコが好きな男の子優一。やさしいけれど弱っちくて自分が飛べないヒヨコみたいだと気が付いている。でもニワトリは嫌い、ヒヨコのままでいたい…。揺れる気持ちをハイテンションな小学生の運動会へと転化させ、もっともっと空の上までと願います。(男3、女4、犬1) 
おじじなる
 2005年3月
 作:ちゃっぴー
 演劇部が好き。ここが私の場所、私の仲間みたいな思いがこもったお芝居。オリジナルへのこだわりをタイトルのおじじなるにかけて。舞台はとある演劇部。公演前にまとまらない演劇部をまとめてきた女将、部長の奈々姉さんが家出をするところから事件は始まる。(男4、女4)
かなりヤバい?
 2005年11月
 作:ごのい
 
 演劇部もの。コンクールの公演二日前に舞い込んだ大事件は唯一の男子部員貴史が家庭謹慎に突入したというバッドニュース。このまま辞退するのか、それとも他に打つ手はあるのか…。残された女どもの苦悩の45時間を描く。伊丹西高第二期黄金時代の到来を感じさせる作品?(女10、男0)
アンチ!
 2006年11月
 作:いにょ 潤色:ごのい
 初のいにょ作品。卒業前のアルバム委員会が舞台。嫌いをテーマにして身近にあることを作品化する試みはドラマの不足という結末に。おかしいなぁ毎日こんなことがドラマなのに。共感してくれる人、いたら作者は喜ぶか嫌いになるかどっちかでしょう。(男2、女10)
リセット
 2007年3月
 作:いにょ 潤色:ごのい
 ちょいと悔しい思いをした2006年度。その反動はちょいとシリアス路線への軌道修正となりました。映画製作部を舞台に創作への情熱と自分への虚無感の狭間で揺れる乙女心をリセットボタン一つへ託した悪意ある作品。(男3・女12)
オムライス
 2007年6月
 作:いにょ 潤色:ごのい
 いにょ作品集大成のホームドラマ。再婚することを家族に打ち明けるちょいと頼りない親父さん。家族の一大事に亡くなったお母さんへの思いや、家族に対する愛情を再確認する作品。大好きだったお母さんのオムライス味は今でも脳裏に焼き付いて離れない。(男3・女8)
Re:あのさ
 2007年11月
 作:いっけ 潤色:ごのい
 下校途中に通り過ぎる小さな公園。そこには樹齢400年のイヌマキの大木がそびえる。大きな木は足下で起きる人々の小さな営みを黙って静かに見つめているに違いない。子どの達の遊ぶ姿も、高校三年生の旅立ちも、老婆の人生も。同じ目線でゆったりと。(男4・女9)
ハイイロノソラ
 2008年3月
 作:式部&いっけ
      潤色:ごのい
 上演の可能性もないと思われていたSF超大作が舞台化。アンドロイド廃棄ステーションで人間へのトレーニングを続けるアンドロイド達。そこへやってきた主人公イルとは何者なのか。サンプラー叩きまくりのアクションシーンが可能なら是非挑戦して下さいませ。(男4・女9)
カーテンコールで笑いたい
 2008年6月
  作:いっけ   
 血の気の多い?28回生の引退公演は文化祭。立派なホールではないけれど自分たちの原点は西高の社会科教室なんだ。公演終了後のカーテンコールで何を語り、何を残すかの為だけに書かれた壮大なる前振り。ある意味思い切りよく痛快だったりする究極の演劇部モノ。(男2・女7)
あらま星』 
 2008年11月
  作:もみじ 潤色:ごのい
 今まで部内では独特の発想とセリフ回しで常に注目を浴びつつ必ず完成しないという落ちが付いていた才女もみじ作。生徒会に地域復興と学校PRのためにヒーローショーをやれと校長の無茶振りが来るところから話が始まる。伊丹の特産酒作りでヒーローを作るとどうなるの? おまけに素敵なあの子は宇宙人だったりするしで…。読んでみる?(男4・女6)
芯、いろいろ?』 
 2009年3月
  作:ハイジ 潤色:ごのい
 正真正銘色鉛筆のお話しです。12色入りなのでキャストも12人ぽっきり。全員違う色です。ところが話が始まってみるとどうやら色鉛筆にしか成り立たない話じゃないかもってちょっと考えちゃうところもお好きな人には魅力的な台本。ハイジデビュー作は演出しがいのある作品です。(男5・女7)
Rock-on Roll』 
 2009年6月
  作:ハイジ 潤色:ごのい
 音楽のため寮を飛び出した少年と、兄妹のように育ってきた少女との物語。高校生頃のなりたくてもなれない素直な気持ちがモチーフに。見守る仲間の友情はある意味理想なのかも知れない。ネックだけのギターやオリジナル曲までセットで上演できます。(男4・女7)
現人の徒歌』 
 2009年11月
  作:ハイジ 潤色:ごのい
 セミとセミに宿る寄生虫が主人公の不思議な話。冒頭のやりとりはとても昆虫同士の会話には思えない。限りある命の中で精一杯生きるセミの姿は、突き抜けない現代でもがく高校生の姿とオーバーラップするのか。コロスの手法を使って蟻たちなんて登場人物も居たりするのだ。(男4・女7・他)
拍子木が聞こえたら』 
 2010年3月
  作:ハイジ 潤色:ごのい
 
 わけあり紙芝居集団『ぽんかれー』に降りかかった盗作疑惑。訴えているのは若手人気絵本作家、小浜良介。話が進むにつれ、ポンカレーの絵本作家、本さんと良介の出会いはこれが最初ではなかったのだと明かされる。時空を超えた盗作騒動は思わぬ結末へと人々を連れて行く。(男8・女12) 
おかえりはうす』 
 2010年6月
  作:ハイジ 潤色:ごのい
 
 11年前に海で幼い女の子を助け命を落とした父が残した海の家。そこを一人守ろうと決意したほづみと兄、弟、母の物語。海の家に集まる高校生達の群像と、迫り来る台風によるいたずらな奇跡が混ざり合い、素敵なクライマックスが演出される。守りたいものって何。(男4・女7 声のみ男1・女1)
境界線二〇一〇
 2010年11月
  作:ぴの 潤色:ごのい
 学校に姿を見せない南と、転校したばかりの修との交流を軸に不安定な現代の高校生の心情を描いた話題作。南は現実での行き詰まり感をネット上で理想の自分や理想の親友を作り出すことで解消しようとしていた。二度目の近畿進出作品はちょっと重め。(男子7人・女子8人・他)
にがい雪
 2011年3月
  作:ぴの 潤色:ごのい
 自分の価値や存在感。それはあまりにも理想とは掛け離れたモノかも知れない。ふとしたつまずきに感じてしまったそんな劣等感は大切なものを傷つける程の苛立ちとして形を変えていく。雪さえ降れば、全ては真っ白にリセットされ新しい自分に舞い戻れるかも知れないのに。(男子7人・女子10人)
17±1ブルース
 2011年6月
  作:メルト 潤色:ごのい
 
 夢や希望と現実の狭間で揺れる高校生の青春無駄遣い。吹き飛ばされないように何かしらにつかまる毎日。友達を大切にしすぎたあまり、自分の本心にフタをしてしまった一人の女の子が、ポンって音を出すかのようにフタを飛ばした瞬間の物語。変わってしまうこともあり、全然変わらないこともあり。メルト言語で書かれた最初で最後の物語。(男子3人・女子9人、他)
渦の中の私
 2011年11月
  作:まっちゃ 潤色:ごのい
 
 
 伊丹西高校演劇部初の全国大会。春季ですけど仙台まで出かけた作品。放課後の女子高生達の意味ない会話の中に時々引っかかる世間の事件。てか門限の方が大問題? いえいえそんなこんなは渦のように私たちを巻き込み何処かに連れて行ってしまうかも知れない津波なのかも知れないのです。ウチらの出来るコトってなんなん?(男子2名・女子5名)
あたまかじり虫
 2012年3月
  作:まっちゃ 潤色:ごのい
 
 
 記憶。忘れたくない思い出も、約束も、提出物の期限も。平気で忘れすぎる私。きっとそのうち私が誰だったかまで平気で忘れてしまうんだ。そんな不安や寂しさがキッカケになった作品。頭で記憶したことは失ってしまうかも知れないけれど、体が記憶したことなら、きっと…。そんな淡い期待は幼なじみの出現で検証されていく。(男2名・女5名)
かがみんリアル
 2012年6月
  作:まっちゃ 潤色:ごのい
 
 
 放課後の教室に集まる昔なじみの女子3人。彼女らは互いに心を許しつつも、教室では他人の顔をする。何故? 教室には教室の人間関係があるから。これって有りなん? 嘘ちゃうん。少なくとも友達との会話に打つ相鎚一つが親友を否定してしまう場合だってあり得るやん。そんな微妙な人間関係。学校って思ったより暮らしにくい。そんなリアルを描いてみました。(男2名・女6名) 
らいふ・らいん
 2012年11月
  作:がっきー 潤色:ごのい
 
 夏休みの深夜。一人かくれんぼの儀式を始めてしまったへたれな優等生美夏。ぬいぐるみのリラックマは最終的に燃やす方法で処分しなければならない。そこへ現れたリッラックマ好きのえり。美夏から半ば強引にそのクマを奪うとLINEを使ってクマに命を与えてしまう。夢は叶うのってお話し。(女5名)
ヤキー!
 2013年3月
  作:がっきー 潤色:もみじ
 
 父を失った橘家。残されたのは母と三姉妹。この頃何かがかみ合わない。母への反発を続ける次女えり。ある日母は行き先も告げず一晩家を空けた。娘達は隣のリーポンを誘ってたこ焼きパーティー。お父さんたこ焼き焼くのうまかったよな。不完全なカケラの家族を鉄板の上で愛おしむ物語。(女5名)

先頭へ

 オリジナル脚本注文フォーム 

 上記の29本の中から御希望の脚本をあなたのメールアドレス宛に添付メールにてお送りします。費用はいりませんのでご安心ください。ただし、超手動で無責任にやっているため、到着まで数日かかる場合もあります。なお著作権は作者にあります。御配慮いただければ結構です。

あなたのお名前  

所属(学校名等)  

送付先e−mail   

メッセージ
            

★ご注文作品はどれ?
   今日もデパートの片隅で
   なんや、屋上!
   Q.E.D.?!
   ねえ、寺ちゃん
   ぴかぱらパラダイス
   どこまでも?
   もっともっと空の上
   おじじなる
   かなりやばい?
   アンチ!
   リセット
   オムライス
   Re:あのさ
   ハイイロノソラ
   カーテンコールで笑いたい
   あらま星
   芯、いろいろ?
   Rock-on Roll
   現人の徒歌
   拍子木が聞こえたら
   おかえりはうす
   境界線二〇一〇
   にがい雪
   17±1ブルース
   渦の中の私
   あたまかじり虫
   かがみんリアル
   らいふ・らいん
   ヤキー!

★添付ファイルのタイプを選んでください
   テキストのみ(ワープロ機の人へ)
   ワード形式(直して使いたい人へ)
   アクロバット形式(読みやすい方がいい人、Macの人へ)

★使用目的をお聞かせください(複数可)
  読むだけ   上演目的   その他

尼北時代の作品ならこちら  あの頃の尼北演劇部へ


Mail このページに関する御意見、御感想はこちらまで。

mgonoi@hotmail.com
 Home 伊丹西演劇部へ伊丹西演劇部のページへ   ページの先頭へページの先頭へ